ダイブオペレーションとCOVID-19

活動に関係なく、スタッフや顧客を含むすべての人にいくつかの基本的なルールが適用されます。

  • 石鹸と水で少なくとも20秒間、定期的かつ徹底的に手を洗うか、アルコールベースの手指消毒剤を使用してください(圧縮ガス、特に酸素富化ガスを使用する場合を除く)。

  • 少なくとも6フィート(2メートル)の社会的距離を維持し、他の人との直接の接触を避けてください。

  • 目、鼻、口には触れないでください。

  • あなたとあなたの周りの人々が良好な呼吸器衛生に従うことを確認してください。ひじやティッシュに咳やくしゃみをして、すぐにティッシュを処分します。

  • CDCは、他の社会的距離測定を維持することが難しい公共の場で顔を覆うことを推奨しています。コンプライアンスを確保するために、マスク/フェイスカバーに関しては現地の注文に従ってください。

2020年10月1日

COVID-19感染の可能性を防ぐために、ダイビングボートの操作中にどのような行動を考慮する必要がありますか?

この状況は、限られたスペースと人の近さのために感染のリスクが高くなる状況です。少なくとも、次の提案を検討してください。これらの推奨事項はデイボートの操作に関するものであることに注意してください。ライブアボードの操作は、この回答の範囲外です。

  • 社会的距離をより尊重し、ダイビングをしない乗客を思いとどまらせるために、ボートあたりのダイバーの数を減らすことを検討してください。

  • ダイビング操作や安全上の理由で不要な材料は機内に持ち込まないでください。

  • ダイバーに搭乗する前に、すべての機器を搭乗させてください。

  • ダイバーが搭乗する前にスキューバユニットを組み立ててもらいます。

  • マスク、シュノーケル、セカンドステージ/マウスピースは、接触/露出を制限するように固定して保護することを検討してください。

  • 搭乗手続きは、常に社会的距離を尊重するように編成する必要があります。

  • ダイビング前のマスクリンスバケットは使用しないでください。防曇剤を使用する必要がありますが、マスクに唾を吐くことは禁止または禁止する必要があります(特にレンタルマスクの場合)。レンタルを提供する代わりに、ダイバーに独自のマスクを提供させることを検討してください。

  • 特に顧客の機器を取り扱う場合は、スタッフによる定期的な手指衛生を奨励してください。

  • ウイルスの拡散を防ぐには社会的距離が重要ですが、移動中のボートや風の中では、ウイルスがより長い距離を移動する可能性があることに注意する必要があります。保護マスクを使用すると、汚染のリスクが軽減されますが、ウイルスは船内のどの表面にも存在する可能性があります。

  • 不必要に何かに触れたり、顔に触れたりしないように、乗船している全員にアドバイスしてください。

  • ダイバーに、機器を共有したり、機器に触れさせたりしないように注意してください。

  • ダイバーが水に入る間、社会的距離を維持し、そうするやむを得ない理由なしにダイバーが水面に群がらないようにします。

  • ダイバーに、水面またはダイビング後に鼻、副鼻腔、または喉をきれいにするときは、少なくとも6フィート(2メートル)の距離を維持するように促します。

  • ダイバーが船に戻ったとき、社会的距離を維持します。

  • 一般的に、お客様はご自身の機器を組み立てる責任があります。乗組員が顧客の機器を取り扱う場合は、各顧客のギアを取り扱う前後に手指衛生を練習する必要があります。

  • ダイバーに自分の機器だけを扱うように勧めます。

2020年10月1日

コロナウイルス(COVID-19)感染の拡大について
緊急宣言の拡大と沖縄県からの休暇申請に対応し、以下のスケジュールで一時休暇を実施します。
4月24日から5月20日まで休業いたします。

現在ご予約を承っておりますので、ご連絡いたします。スケジュールは5月20日までですが、状況によっては延長される場合があります。その場合は、改めてお知らせいたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2020/5月/ 07

コロナウイルス(COVID-19)感染の拡大について
緊急宣言の拡大と沖縄県からの休暇申請に対応し、以下のスケジュールで一時休暇を実施します。
4月24日から5月6日まで休業いたします。

現在ご予約を承っておりますので、ご連絡いたします。スケジュールは5月6日までですが、状況によっては延長される場合があります。その場合は、改めてお知らせいたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2020年4月23日